男性

養生シートを使用して安全に工事|工事現場で大切な住民への配慮

建設において必要なもの

現場作業者

建設において必要なもの

家を作る際に必要となるのが足場です。私たちの身の回りには病院、ホテル、市役所、警察署、コンビニ、学校、高速道路など様々な建物があります。完成した建物にはありませんが、出来上がるまでの建物を仮設と呼び、仮設を使用して完成させる建物を本設と呼びます。仮設は、建設現場などである仮事務所や足場、災害時に立てられる仮設住宅があります。この中でも足場は、高いビルなどの工事をする際には必須のもので足場がないと工事はできません。足場にも種類があり、くさび式、枠組み、単管、吊り、先行、移動式など様々です。くさび式は、組み立て・解体が簡単、人件費が削減できる、強度が高いメリットがあります。枠組みは組み立て・解体が簡単で強度が高いです。高コストになるデメリットがあります。単管は狭い敷地でも設置が可能です。工期が長くなり、高コストになりがちです。吊りは足場をつくることが難しい場所でも設置が可能。デメリットとして危険が伴い、作業主任を置く必要があるなどがあります。大きい建物の場合は足場が大量に必要になりますのでレンタルを行なっている業者を利用しましょう。建設業者ごとに足場を持っていても、大きいビルの建設を担当して足場が足りなくなった場合は一度、レンタル専門の業者を利用してみるのも良いかもしれません。大量の在庫を抱え込むのではなく、レンタルする場合のほうがコストが抑えられることがありますので、一度レンタルの利用を検討してみるのも良いかもしれません。建設物は長い間人に利用され、長い時間を人が過ごすものです。安全に足場を作って、安心できる工事を行ないましょう。