男性

養生シートを使用して安全に工事|工事現場で大切な住民への配慮

ねじの種類と歴史

ネジ

ねじの種類と歴史

ねじは様々ものを固定するために利用されます。大きさも様々で、スマートフォンに利用する小さなねじから、建設現場で使用される1mを超えるものまで数多くの種類が販売されています。発明者に関しては記録が残っていませんが、古代ギリシャの数学者アルキメデスが発明した説が有名です。日本にはポルトガル人が種子島に漂着した際に伝来したと言われています。ねじの役割りは物を固定、つなぎ合わせるための結合、長さをはる計測、伝達の3つの役割があります。時間が経つと緩むため工事現場などでは定期的に点検が行なわれています。メガネのねじも緩んで、お店に持って行った人も多いと思います。ゆるむことが当たり前のねじですが2000年に10人の小さなベンチャー企業が開発した絶対に緩まないねじが話題を呼びました。これまでにゆるみにくいねじはありましたが、どれもが摩擦力を強くすることで実現していました。現在でも支援が殺到し開発会社は様々な企業から資金を受けています。将来、宇宙や巨大な建設物に利用されることが期待されています。このようにねじは独自の進化を遂げてきました。ホームセンターでも様々な種類が販売されているのをよく見ると思います。ネット上でも販売がされていますので必要な方はどのような種類があるか見てみると良いかもしれません。私たちの身の回りでは必ずと行っても過言ではないくらい使用されているねじは今後も私たちの生活を支えていくために利用され続けるでしょう。今後どのようなねじが販売されるのか注目が集まります。